首元を華やかにできるネックレス【保管方法を伝授】

おしゃれのワンポイント

色や太さを選別

アクセサリー

ネックレスはアクセサリーの中でも一番スタンダードなものです。特に女性はネックレスを衣装と合わせてコーディネートすることでおしゃれをすることができます。お気に入りの一本を持っていることは非常に大事なのですが、衣装に合わせていくつか持っているとコーディネートしやすくなります。夏など肌の露出が多くなる時には、細いネックレスがおすすめです。首元のアクセントとして目立たせずさりげなくネックレスをすることが一番きれいに見えるのです。太めのネックレスは重圧感があるだけでなく、首元の印象を強くしすぎてしまうため夏には不向きになります。逆に冬場はタートルネックなどを着用し、その上からネックレスをしてみせるコーディネートがおしゃれになります。この際は色によって決めることが大事です。濃い目の服装であれば、細いものがおすすめです。夏と同様に首元の印象を強めすぎてしまいますので、細目でさりげなくアクセントにすることがおすすめの方法です。逆に薄い色の服であれば、少し太めがおすすめです。細いとしているかしていないかわからないほど印象がないため、印象が出る程度の太さにすることが理想なのです。そしてネックレスを自作することも可能です。もちろん専門店で行っている自作ネックレスのコーナーで作成することになりますが、街中に販売していない自分だけの一本を作ることが可能になります。またワンポイントにもなる飾りは太さに関わらず小さ目がおすすめです。

アクセサリー選びのコツ

女性

洋服やTPOに併せてアクセサリを選ぶことはとても大切です、結婚式や二次会には華やかで見栄えの良い物を選びますし、ラフな格好で出かけるならシンプルなものを合わせるのが一般的です。特にネックレスはそのバリエーションが豊富なため、選び方のポイントを知っていると悩まずにすむといえるでしょう。まず定番中の定番とも言えるタイプはユニフォームネックレス、これは真珠を用いたタイプのもので、同じサイズの真珠が連なっているものをこう呼びます。冠婚葬祭で使用できるだけでなく、格式あるレストランや料亭などでも使えるフォーマルなアクセサリなので、大人であれば一本は持っているべきものといえるでしょう。これと同じようにダイヤモンドネックレスも一本は持っていたほうが良いといえるアクセサリ、ダイヤモンドが使用されているもので、形にはさまざまなものがあります。フォーマルな場で使えるだけでなく、Tシャツやラフなワンピースに使うだけで、首元が華やかになって洗練された雰囲気を醸し出せるはずです。もう少しトレンド感を取り入れたい、というようなときにはラリアットネックレスもオススメといえるでしょう。ラリアットタイプは長さがあり、作りにもよりますが、自分で大きく長さを調整できるという特徴的なネックレスです。長さを調整するパーツ部分にパールを用いたもの、金属チャームのものなど、パーツ次第で大きく雰囲気が変わるため、自分の普段のファッションスタイルに合わせて選ぶことをオススメします。

色々と思い浮かべて選ぼう

装飾品

ファッションのアクセントとして映えるアクセサリーといえば、ネックレスでしょう。このアクセサリーを着けるだけで、印象が大きく変わります。また、服のコーディネートに合わせて選ぶことでよりおしゃれに見せることができます。それに、ネックレスを着けた本人の印象も大きく変えてしまうのも、このアクセサリーの特徴といえるでしょう。そのため、プレゼントでネックレスを送る場合、どのようにして選べばいいかと悩むでしょう。そんな時は、まずネックレスをプレゼントする本人の顔、肌の色、服装を思い浮かべてください。カジュアルなコーディネートが多いのなら革ひもなどの少し目立つネックレスがいいでしょう。この場合、顔や肌色というよりも服装に合わせて選んだほうが似合うものを見つけやすくなります。女性らしい服装が好きな人にプレゼントするネックレスを選ぶのなら、短めでチェーンが細い繊細なデザインのものがおすすめです。また、可愛い顔をしている人なら可愛らしいデザインのもの、綺麗な顔立ちをしているのならシンプルなものを選ぶようにするといいでしょう。肌の色に関しては、肌の白い人ならシルバーでもゴールドでも似合います。しかし、肌が黒い人はシルバーだとあまり肌に合わないので太いチェーンのものではなく細くて華奢なものを選んであげてください。そうすることで、肌の色に映えて本人に似合うでしょう。このように、ネックレスは贈る相手のことを考えて選ぶことが大事です。自分で決められないのなら、店員に相談して決めるのもおすすめです。